福岡|エコル*ソレイユ|バッチフラワーレメディ、アロマセラピーとホロスコープリーディングなど、植物や星をテーマにした講座とコンサルテーションをおこなっています

バッチ国際教育プログラム

  • HOME »
  • バッチ国際教育プログラム

イギリスのフラワーエッセンス「バッチフラワーレメディ」を学んでみませんか?

「バッチ国際教育プログラム」はイギリスのフラワーエッセンス「バッチフラワーレメディ」を完成させた、エドワード・バッチ博士から直接継承された教えを体系的に学ぶ、英国バッチセンターに認可された世界共通の教育コースで、現在世界20か国で開催されています。プログラムはレベル1~3で構成され、全課程を修了すると、バッチ財団に国際登録し、プラクティショナーとして活動する道がひらかれています。

福岡県では、レベル1を2時間×6回で学ぶPTTコースを定期的に開催しています。英国バッチセンターの認可を受け、日本で「バッチ国際教育プログラム(BIEP)」を唯一実施する機関「バッチホリスティック研究会」のBIEPコーディネーター統括のもとで研修を受け、講師として認定されたバッチ財団登録プラクティショナーが、このコースを担当。6回全てのレッスンを受講後は、レベル1の修了証が発行されます。​

※バッチ国際教育プログラムの詳細は、バッチホリスティック研究会のホームページをご覧ください。

 

イギリスのオックスフォードシャー
ソットウェル村にあるバッチ博士の晩年の住まい
(現バッチセンター)

 


◆福岡市開催「レベル1」について

バッチ財団登録プラクティショナーで、レベル1(PTTコース)認定講師が居住地で開催するコースです。本国イギリスのバッチセンターで開催されているコースと同じ内容を、福岡でも学ぶことができます。多くの方が受講できるよう、年3~4回平日や週末にコースを開催しています。

38種類のバッチフラワーレメディをどのような感情に対して使うのか、歴史やケーススタディなど盛りだくさんの内容です。知識を学びながら、毎回トリートメントボトルを自分の感情に合わせて作っていきます。学びと内面の変化を体験できる充実したコースです。6回全過程を修了された方には「レベル1」の修了証が発行されます。

受講後のフォローとしてバッチフラワー植物観察会、茶話会、読書会などをおこなっています。
レベル1の修了後、2か月経過すると「レベル2」に進むこともできます。

★次回のレベル1は、2019年1月に開講。日程は11月にUPします。

 

レベル1の主な内容
* バッチフラワーレメディの基本原理
* レスキューレメディについて
* 38種類のバッチフラワーレメディの分類と使い方
* バッチ博士の生涯と哲学
* レメディの作り方
* レメディ体験を話し合う
* 妊娠、出産、子ども、思春期、高齢とレメディ
* 仕事のストレスとプレッシャーへのレメディ
* 植物、動物へのレメディ
* ケーススタディ
*(実習)トリートメントボトル作成

 

◆「レベル1」以降のコースについて

レベル1修了後、もっと深く学ばれたい方は「レベル2」に進むことができます。
詳細やスケジュールは「バッチホリスティック研究会」のサイトでご確認ください。

福岡県内の実施状況(2018年)
・レベル2
1月20日・1月21日(八女市:グリンピア八女)
6月30日・7月 1日(福岡市:エコル*ソレイユ)

・レベル3
11月22日~25日(福岡市:イムズ8F、ABSS)

 

バッチ財団登録プラクティショナーとは

ヨーロッパ各国、アメリカ、南米の国々やオーストラリア、アジア諸国など、約3,100名(2018年現在)が、バッチ財団登録プラクティショナーとして活動しています。

バッチ財団登録プラクティショナーには、クライアントの方が将来的に自分の力で使えるように(=セルフヘルプ)サポートしていく役割があり、コンサルテーションについては、他ツールを使用することなく「対話」のみでおこなうこと、守秘義務など、バッチ財団のガイドラインに沿った業務規程を遵守することが求められます。

登録プラクティショナーとしてのは資格取得後もコンサルテーションの質と技量の維持・向上を目的とした研修を隔年で受講、英国バッチセンターでの研修や植物観察、ネルソン社の工場見学などの機会を通し、知識を更に深め、研鑽を積んでいます。

TEL 090-8406-9952 留守番電話の場合はメッセージにご連絡先と問合せ内容を!
ご予約・お問合せフォームもご利用下さい

福岡市地下鉄「赤坂駅」徒歩10分 西鉄バス「警固町」3分
平日・日曜・祝日:10:00~18:00 土曜:9:30~12:00

PAGETOP